コロナに打ち勝つ新規事業に挑戦する
中小企業をサポートします

「事業再構築補助金」申請サポート

コロナの影響で売上高が減少している中小企業に対して最大1億円の補助金が用意されています。

採択率91%の弊社ノウハウを活かして、新規事業の挑戦をサポートします。
弊社では、新規事業が成功することを第一に考えて事業計画書を作成いたします。

事業再構築補助金とは

2021年度に開始された、コロナの影響を受けている中小企業、個人事業主を対象に、思い切った事業再構築にかかる経費の一部(2/3)を補助する経済産業省主導の施策です。
補助金額は、通常枠100万円~8,000万円の補助率2/3となっています。

事業再構築の例

  • 居酒屋を経営していたが、店舗での営業を廃止してオンライン専用の弁当宅配事業を新たに開始する。
  • 航空機部品の製造をしている工場で、一部の設備を入れ替えて医療機器部品を製造する。
  • 屋内のヨガ教室をしていたが、オンライン形式の教室を開始する。

以上のように、新たな事業を実施することを指します。

補助される経費

建物費、建物改修費、設備費、システム購入費、外注費(加工、設計等)、研修費、技術導入費
広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)等が対象となります。

ご注意

補助金は、事業完了後に事業費用の一部が支給される制度のため、事業にかかる費用を用意する必要があります。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 申請書を書く時間がない
  • 書類作成が苦手
  • 事業計画書の書き方がわからない
  • 相談できる専門家を知らない

ウエダ 経営の申請サポートで
お悩みを解決します

メリット

  • 補助金申請のための事業計画書ではなく、新規事業を成功に導く事業計画書を作成します
  • 既存事業、新規事業に関して、相談対応や提案を行います
  • 申請の負担が軽減され、経営者様が本業に注力できる
  • 加点項目を押さえた事業計画書で、採択率を高めます
  • オンラインを活用することで、全国で非対面対応を可能にします

事業計画書について

補助金は、申請すれば100%貰える給付金などとは異なり、事業計画書の各項目に点数が付けられ採択される事業者が決定されます。
そのため、実施する取り組みについて綿密な事業計画書を作成する必要があり、A4用紙で15ページ程の事業計画書を作成するために、100時間程度必要になります。

社長や経営幹部の皆様で作成するのが理想ですが「作ったことがない」「時間がない」など、中小企業の経営層の多忙な状況では困難となっています。

申請サポートご利用の場合

補助金の審査は、「中小企業診断士」などの資格保有者が実施するため、審査員が読みやすくて理解でき、実現可能性が高い「事業計画書」を作成する必要があります。
審査時の「審査項目」「加点要素」を踏まえつつ、実際に事業として成功する見込みのある「事業計画書」に仕上げます。

必要なもの

  • 決算書など必要書類の準備と提出
  • ヒアリングの時間の確保
  • 新規事業の構想

弊社の実績

製造業から小売業まで、様々な分野の経営者様のサポートを実施しています。
全体の採択率が36%~44%となっている中、弊社では11件申請のうち10件採択されているため、弊社の採択率は91%となっています。
1回当たりのサポート件数の上限を定めて、納得いくまで事業計画書を作成することが採択率に反映されています。

サービスの流れ

お問い合わせ

まずはお問い合わせフォームまたは電話にてご連絡ください。

STEP
1

初回相談(無料)

Zoomを利用して約60分の初回相談をいたします。現状の確認や新規事業の構想などをお伺いします。主に、補助金の要件に合うかを確認いたします。

STEP
2

契約・着手金のご入金

契約後に着手金のご入金をお願いいたします。

STEP
3

事業計画書作成・提出

ヒアリングを実施して、加点項目を押さえた事業計画書を作成いたします。新規事業を実施する際のご提案もいたします。
申請に必要となる書類のチェックをいたします。

STEP
4

採択発表・ご請求

採択されましたら、事業を開始いただけます。成功報酬をご請求いたします。
不採択の場合は、次回の募集があれば無料で再申請を実施いたします。

STEP
5

事業実施・アフターフォロー

新規事業を実施中のご相談もお受けいたします。
※ 実務を伴う場合は別途料金が発生する場合があります。

STEP
6

料金

着手金150,000円+消費税
成功報酬採択金額の10%+消費税
(採択金額3,000万円超過分は6%)

お問い合わせ